DoPRO - PADI Professional Course

PADI Professional Course

ダイビングのプロフェッショナルを目指す方に、自信を持ってお勧めできる教育システムをご用意しております。 ダイビング インストラクターとして海外で就職したい、ダイビング業界で働いてみたい、自分が好きなことで収入を得たいなど、すでにプロ・ダイバーになられている方のご要望にもお応えすることができます。

PADI プロフェッショナル コースを担当するのは、オーストラリア (Australia) で最も経験豊富な実績ある日本人インストラクター トレーナーです。 ダイブ ガイド、ダイビング講習、テクニカル ダイビング (Tec / Rec)、ボートの操船、器材修理、コンプレッサーの使用、エンリッチド・エアー(ナイトロックス / EANx)の混合など、あらゆる経験を積む事ができます。 また、ダイブセンターの経営、ダイビング ビジネス、マーケティングなど、将来役に立つ知識を身につけることもできます。

インターンシップ(研修)では、西オーストラリアの各地域のダイブ センターが協力しあらゆる経験をプロ・ダイバーに提供する環境が整っています。 もちろん、英語でのガイドを通したダイビング英語、ビジネス英語などの語学講習、海外で就職するために必要な生きた英語とダイビングを学ぶことができます。

PADI Divemaster

PADI Divemaster

PADI ダイブマスター・コースは、PADI プロフェッショナルの最初の資格です。
ダイビングのプロとして認められ、世界中の PADI ダイブ センターで働く事が出来ます。すでにダイバーのお客様に水中を世界の海を案内する事が大きな仕事です。プロ レベルの知識と技術を身につけることで、自分自身のダイビングも大きく変わります。チャレンジする価値のある資格です。「人生が変わる経験」をしてみませんか?

より詳しくは Divemaster ページをご覧ください。

PADI ダイブマスターのお仕事

  • PADI ダイブ センターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。
  • PADI インストラクターと一緒にお客様のアシストができる。
  • PADI スキンダイバー・コースを単独で実施し、認定ができる。
  • PADI ディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。
  • 認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーの PADI スクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。
  • PADI ディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる。

PADI ダイブマスター・コース参加の条件

  1. PADI アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること。
  2. PADI レスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
  3. 過去 24 ヶ月以内に EFR 一次および二次ケア・トレーニング、またはそれに準ずるものを修了していること。
  4. ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12 カ月以内)
  5. ログブックに最小限 40 回のダイブが完了していること。
  6. 18 歳以上であること。

PADI Assistant Instructor (AI)

PADI Assistant Instructor (AI)

PADI アシスタント・インストラクター (AI)・コースは、PADI インストラクター開発コース (IDC) の最初の一部です。 PADI ダイブマスターの仕事から更に仕事の幅を広げる事が出来ます。

PADI AI のお仕事

  • PADI インストラクターの元で、PADI ダイバー・コースの知識開発部分を実施できる。
  • PADI インストラクターの元で、PADI オープン・ウォーター・ダイバー・コースのトレーニング・ダイブ中にある水面スキルの評価を実施できる。
  • PADI ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・ダイバーを認定できる。
  • プロジェクト AWARE スペシャルティ・コースを認定できる。
  • PADI ディスカバー・スクーバ・ダイビングのプールまたは限定水域ダイブを実施できる。
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンス・コースを実施できる。
  • デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・インストラクター・コースを修了すればデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・コースを実施できる。

PADI AI コース参加の条件

  1. PADI ダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されている。
  2. 18 歳以上であること。
  3. ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が 60 本以上であること。
  4. 認定ダイバーになってから 6 ヶ月以上経っていること。
  5. 過去 24 ヶ月以内に CPR とファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
  6. 病歴/診断書

PADI Open Water Scuba Instructor (OWSI)

PADI Open Water Scuba Instructor

PADI オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター (OWSI)・プログラムは、PADI インストラクターになるための最初のステップです。 この PADI OWSI は、PADI ディスカバー・スクーバ・ダイビングから PADI ダイブマスター・コースまで幅広い範囲に及ぶ PADI プログラムを実施することができます。

PADI OWSI プログラム参加の条件

  1. PADI アシスタント・インストラクターとして認定されているか、または他の指導団体でリーダーシップ・レベルとして認定されていること。
  2. 18 歳以上であること。
  3. ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が 60 本以上であること。
  4. 認定ダイバーになってから 6 ヶ月以上経っていること。
  5. 過去 24 ヶ月以内に CPR とファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
  6. ダイビングに適した健康体であり、過去 12 ヶ月以内に行われたダイビング健康診断の PADI 病歴/診断書を提出すること。

PADI Instructor Development Course (IDC)

PADI Instructor Development Course (IDC)

PADI インストラクター開発コース (IDCは、PADI コース・ディレクターの元で開催されます。 この IDC はアシスタント・インストラクター (AI)・コースと、オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター (OWSI)・プログラムの 2 つから構成されています。 AI コース(最低 3 日間)と OWSI プログラム(最低 4 日間)を連続して組み合わせたものが IDC(7 日間)となります。 当社では、じっくりと取り組んで頂くために約 2 週間のコースを予定しています。

より詳しくは IDC ページをご覧ください。

PADI Instructor Examination (IE)

PADI Instructor Examination (IE)

PADI インストラクター試験 (IE) は、PADI の本部のイグザミナー(試験官)が行います。 IDC で学んだことを再度イグザミナーの前で行います。

IE の構成

  • 筆記試験(5 つの理論エグザムと PADI システム・規準・手続きエグザム)
  • 知識開発プレゼンテーション
  • 限定水域(限定水域プレゼンテーションと 5 種類のスクーバ・スキル)
  • オープン・ウォーター(オープン・ウォーター・プレゼンテーションとレスキュー・デモンストレーション)

IE の参加資格

  1. ダイバーの認定を受けてから 6 カ月以上で、100 ダイブ以上のログの経験を持っていること。
  2. IDC / OWSI プログラム修了日から 1 年以内であること。

EFR Instructor

EFR Instructor

エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクターは、成人、小児、乳児用の緊急ケアの基本的な知識やスキルなど、CPR とファースト・エイドのトレーニングを受けたいというダイバーとノンダイバーに対して、エマージェンシー・ファースト・レスポンス・コース (EFR) を実施できます。

このコースは 2 日間に渡り行われ、EFR を行うときの規準、構成について学び、スキルのデモンストレーション、教え方を練習します。 そして、このコースのマーケティング方法をみんなで意見を出しあい、最後にインストラクター試験に合格することで、この資格を取得することができます。

この資格は、インストラクターとしてレスキュー・ダイバー・コースを指導するときにも必要ですが、CPR やファースト・エイドに興味がある方なら、どなたでも参加できるコースを教えることができますので、大きな市場を開拓することができます。 すべての人にとって、健康、安全は最優先されるものであり、いざというときのために、CPR やファースト・エイドのコースを受講することは大切なことです。 EFR のインストラクターは、このコースを積極的に開催することにより、訓練された一般市民の救助者を育てることができ、市場の期待にこたえることができるようになります。 日本にも AED が色々な場所に設置され、その大切さが認識されてきました。 いまこそ、EFR のインストラクターは自分の役割を理解し、たくさんの方にこのコースを受講してもらえるように努力するべきだと思います。

PADI Speciality Instructor

PADI Speciality Instructor

PADI スペシャリティー・インストラクター・コースでは、色々な種類のスペシャリティーがある中で、まずは自分が教えたいコースを選びます。 インストラクター自身が好きなコースを教えることが、お客様に良い影響を与えるからです。 また、自分が働く地域のニーズにこたえられるコースや、お客様に人気があるコースなどを基準に選びます。 インストラクターによっては、自分の苦手分野を勉強するために、このコースを受ける方もいます。 インストラクターとして、さらに高いレベルに行くためには勉強することがたくさんあります。 この PADI スペシャリティー・インストラクター・コースは、その手助けになります。

当社のコースでは、きめ細かく丁寧に基本から学んでいきます。 PADI スペシャルティ・ダイバー・コースの編成、プロモーション、実施方法を学び、得意な分野を伸ばし、不得意なところを強化していきます。

PADI スペシャリティー・インストラクター・コース参加の条件

  • PADI アシスタント・インストラクター (AI)
    または PADI オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター (OWSI) であること。
    もしくは過去 12 ヶ月以内に IDC / OWSI プログラムを修了していること。
  • AI は、オープン・ウォーター・ダイブが必修になっていないスペシャルティ・コースのみスペシャルティ・インストラクターになることができる。
  • IDC / OWSI 候補生は、IE 合格後のみ、スペシャルティ・インストラクター認定を申請することができる。
  • 例外条件:
    1. PADI ダイブマスターと PADI AI は両方とも、デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーとエマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・スペシャルティ・インストラクター・トレーニング・コースに出席することができる。
    2. PADI ダイブマスターは、ダイブマスターを対象とした 「学習とインストラクション」プレゼンテーションを修了すること。

各種スペシャリティー・コース

  • Altitude ※パースでは開催不可
  • AWARE Fish ID
  • Boat
  • Digital Underwater photographer
  • Diver Propulsion Vehicle
  • Drift
  • Dry Suit
  • Enriched Air
  • Equipment
  • Emergency Oxygen Provider
  • Multilevel
  • Night
  • Underwater Naturalist
  • Underwater Navigator
  • Underwater Photographer
  • Underwater Videographer
  • Semiclosed Rebreather
  • Deep
  • Wreck
  • Cavern
  • Ice ※パースでは開催不可
  • Search & Recovery

PADI Master Scuba Diver Trainer (MSDT)

PADI Master Scuba Diver Trainer

PADI マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー (MSDT) は、PADI スペシャリティーインストラクターに続く資格としてあります。MSDT は、5 種類以上の PADI スペシャルティ・インストラクター資格を持つ PADI インストラクターです。 この資格を取得するには、下記の条件が必要になります。 この条件を満たせば、PADI へ申請することによって、MSDT に認定されます。

PADI MSDT の資格条件

  1. 資格更新済みの PADI オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター (OWSI) である。
  2. 5 種類以上のスペシャルティ分野で PADI スペシャルティ・インストラクターとして認定されている。
    (ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー、プロジェクト AWARE、AWARE - サンゴ礁の保護は、この 5 種類にはカウントとされない)
  3. これまでに 25 名以上の PADI ダイバーを認定している。
    (25 名の認定のうち、ノン・ダイビングでノン・ダイバー対象のコースでの認定は 5 名以下でなければならない。最高 5 名までの PADI シール チームあるいはマスター・シール チーム認定を当てることができる)

MSDT に認定されれば、次のインストラクターの継続教育コースである PADI IDS Staff インストラクター・コースに参加することができます。 PADI インストラクターになって、まず目指して頂きたいのがこの MSDT です。 その理由は、MSDT 資格があるということは、25 名以上のダイバーを認定していますので、インストラクターとしての講習経験を証明でき、5 種類のスペシャリティー・インストラクター資格を持っていますので、様々な講習を担当する能力があることを簡単に証明できるからです。 インストラクターとして、就職を探すときにも有利になります。
当社のインストラクターコースでは、ほとんどの方が、オーストラリアにいる間に MSDT を目指します。 そして、その資格と経験を持って、次の目標へと向かっています。

PADI IDC Staff Instructor

PADI IDC Staff Instructor

PADI IDC Staff インストラクターは、PADI マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー (MSDT) の次のステップです。

PADI IDC Staff インストラクターの資格条件

  1. 現在の年度においてティーチング・ステータスの PADI インストラクターであること。
  2. PADI マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー (MSDT) であること。
  3. エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクターであること。
  4. すべてのレベルのダイバートレーニングを、PADI インストラクター・マニュアルおよび PADI ガイド・トゥ・ティーチングに記載されている規準と理念に従って実施することに同意すること。
  5. PADI システムとその構成要素を、そっくりそのまま使用することに同意すること。

PADI IDC Staff インストラクターになると、その名の通り、インストラクター開発プログラムのスタッフとして働くことができます。 また、PADI アシスタント・インストラクター・コースを単独で教えることができます。
PADI コース・ディレクターと協力して、インストラクター候補生の指導能力の開発を行います。 そして、候補生のダイビングプロフェッショナルとしての姿勢を育成し、PADI コース・ディレクターと同じように、IDC Staff インストラクターも、ダイビング業界におけるとても責任のあるメンバーです。
PADI IDC Staff インストラクターになれば、インストラクター教育に携わることができますので自分自身の成長のためには、とても大切なコースだと思います。

PADI Master Instructor

PADI Master Instructor

PADI マスター・インストラクターは、PADI IDC Staff インストラクターの次のステップです。
PADI マスター・インストラクターは、最高位の PADI インストラクター資格を達成した経験豊富なダイビング教育者で、PADI ダイバー教育システムを熟知し、すべてのプログラムとコースを実施した経験を持つインストラクターに与えられる称号です。 PADI インストラクターの中で、このレベルまでくることは、尊敬に値し、それまでの努力が評価されます。

PADI マスター・インストラクターの資格条件

  1. 資格更新済みでティーチング・ステータスの PADI IDC Staff インストラクターである。
  2. PADI インストラクターになってから 2 年以上経過している。
  3. 資格更新済みのエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクターである。
  4. PADI インストラクター開発セミナーに 3 回以上参加している。
  5. これまでに 150 名以上の生徒を PADI ダイバーとして認定している。
    そのうちの 50 名以上が PADI アドベンチャー・ダイバー以上のレベルで、
    さらにその 50 名のうちの 15 名以上が PADI スペシャルティ・ダイバー、
    5 名以上が PADI レスキュー・ダイバー、
    5 名以上が PADI ダイブマスター、
    5 名以上が PADI アシスタント・インストラクター (AI) でなければならない。
    1. 150 名の認定のうち、ディスカバー・スクーバ・ダイビング・エクスペリエンスを実施することで得たクレジットは 75 名以下でなければならない。
    2. 150 名の認定のうち、IDC のスタッフとして働いたことから得たクレジットは 50 名以下でなければならない
    3. 150 名の認定のうち、ノン・ダイビングのスペシャルティ認定は 25 名以下でなければならない。
    4. 150 名の認定のうち、PADI シール チームやマスター・シール チーム認定は 10 名以下でなければならない。
  6. これまでにエマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア・コースで 10 人以上の参加者をトレーニングしている。
  7. PADI プログラムを実施する際は、すべての適切な PADI トレーニング教材を含む完璧な PADI ダイバー教育システムを使用する。
  8. PADI 認定の発行をメインとし、すべての PADI 認定コースと体験プログラムを、 PADI インストラクター・マニュアルに規定されている PADI 規準と理念にしたがった方法を用いて実施する。
  9. 過去 6 ヶ月間にクオリティ・アシュアランス違反の記録がなく、現在クオリティ・アシュアランス公開調査の対象になっていない
  10. ダイビング教育と環境保護プログラムの確立をめざす PADI 組織の取り組みを支持していることを明確に表明する。

PADI Course Director

PADI Course Director

PADI コース・ディレクターは、PADI マスター・インストラクターの次のステップです。
PADI コース・ディレクターは、PADI コース・ディレクター・トレーニング・コース (CDTC) を修了した PADI マスター・インストラクターに授与される資格です。
この CDTC に参加するためには、下記の条件を満たしたマスター・インストラクターが各自の所属 PADI オフィスへ提出して申し込みます。 その後、志願者は一連の選定基準に基づいて審査され、ランク付けされ、合否の通知を受け取ります。 この審査に合格した方が、CDTC に参加することができます。

PADI コース・ディレクターの資格条件

  1. ティーチング・ステータスの PADI マスター・インストラクターになってから 6 ヶ月以上。
  2. PADI IDC Staff インストラクター。
  3. PADI IDC Staff インストラクターになってから、次のうちいずれかひとつを修了。
    1. IDC 全課程でスタッフとして 2 回働いた。
    2. IDC 全課程でスタッフとして 1 回働き、アシスタント・インストラクター・コースを 1 回開催し、OWSI プログラム全課程でスタッフとして 1 回働いた。
    3. アシスタント・インストラクター・コースを 2 回開催し、OWSI プログラム全課程でスタッフとして 1 回働いた。
  4. 更新済みのエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・トレーナー。
  5. PADI ダイブ センターまたはリゾートで働いた経験。
  6. ログに記録されているダイブ本数が 250 本以上。
  7. 申請前の 12 ヶ月間に:
    1. QA の苦情申し立てがない。
    2. すべてのレベルのダイバートレーニングを、PADI の理念に従い、PADI インストラクター・マニュアルおよび PADI コース・ディレクター・マニュアルに記述されているとおりに実施
  8. 申請後 12 ヶ月以内に:
    1. 各ダイビング理論エグザムで 83% の点を取る。
    2. PADI システム・規準と手続きエグザムで 85% の点を取る。
    3. プロジェクト AWARE の活動またはイベントを企画開催または先導する(データを収集する)。
  9. その他、現行の申請書にリストされている要求条件を満たしている。

そして、CDTC を満足に修了することができれば、PADI コース・ディレクターになることができます。 PADI コース・ディレクターは、インストラクター開発コースを開催することができる資格で、 PADI 教育システムの中で、最高峰のレベルです。